MONTH

2020年8月

湘南で撮影する人に特におススメ! カメラとレンズの買い方

鎌倉・江ノ島を撮影する機会が多い人のカメラ用品の買い方 私はソニーと富士フィルム、キヤノンのカメラユーザーです。水中カメラはニコンのレンズを使う事もありました。 ここ10年でカメラ、ビデオの機材も含めると高級自動車1台分位になっていました。 当然、購入する時は何処で買うのがいいのか価格を比較して選びます。 先を見越して1年以内に使わなくなるというものは、中古で購入する事もありますが、その商品はヤフ […]

インスタ映えする撮り方とアイテム「~江ノ島~西浦漁港の光の小路」の場合

  撮影ポイントについて  江ノ猫 西浦漁港は江ノ島にある唯一の漁港です。漁港といっても以前は漁師さんに利用されていましたが、近年はカヌー(カヤック)などの乗り入れ場として主に使われており、冬場は湘南名物シラスウナギ漁などが行われています。撮影スポットとしては5つ程あり、それぞれの場所によって、印象が異なります。それぞれの場所で、使ったレンズや設定方法など公開していきますので、撮りたいシ […]

湘南 烏帽子岩を見渡せる海への道とサーファーのポイントと道具

湘南 烏帽子岩を見渡せる海への道とサーファー 「茅ヶ崎のシンボル」といえばサーファーと烏帽子岩。その2つを撮る事ができるのが、一中通りから海を望むポイント。国道134号線からレンズの効果を最大限引き出すために少しでも離れて撮ると、より、圧縮効果で烏帽子岩を大きく写し出す事ができる。(入口の前には草花が生い茂っているので、リゾート感たっぷりの1枚が撮ることが出来ます。)茅ケ崎の国道134号線は車の往 […]

巨大な富士山を撮る為のレンズと道具~江ノ島から~

巨大な富士山を撮る為のレンズと道具~江ノ島から~ 江ノ島付近からこんなに大きな富士山が見られる!?と写真を見た人はビックリするのですが、約200mmのズームレンズがあると写真のような大きな富士山とサーファーを映し出す事が可能です。11月下旬より富士山の冠雪が始まる事もあるので、寒い朝は頑張って早起きして行くといいでしょう。※200mm以上になってしまうと逆に富士山がはみ出してしまいます。三脚なしで […]

鵠沼海岸で「渚のゴールドライン」を撮ろう

鵠沼海岸「渚のゴールドライン」の撮り方 海のサンセットを撮ると皆同じ写真になってない!? 海のサンセットの写真を撮りたい」写真スポットのガイドをしていると、必ずと言っていいほどこのようなリクエストがきます。※湘南撮影ポイントガイドはこちら タビカで開催しています。 でも、殆どの場合、どこかで見た事のある写真になりがちです。有名なスポットに行けば行くほど、やはりどこかで見た事のある写真を撮ってしまっ […]

>江ノ島・鎌倉 撮影ポイント&撮り方

江ノ島・鎌倉 撮影ポイント&撮り方

江ノ島、鎌倉をはじめ葉山・逗子~茅ヶ崎まで撮影範囲としています。

湘南に住んでいる方は勿論 初めて来られる方にも素敵な1枚を撮っていただけるよう
使っているカメラ機材や設定、ガシェットなどまとめました。